第15回感想

  1. 地域福祉論を受け始めた最初のほうでは地域の福祉と自分の立場は接点がなく、他人事のように感じていました。授業を受けて地域福祉はコミュニティや地域とにつながりが大切なのだとわかりました。声を上げている困っている人だけでなく、世間の目には見えづらくても困っている人を見つけて支援していくことが大事なのかなと感じました。そのために普段からの地域のつながりを大切にしたいと思いました。
  2. 地域活動が日々どういった形で行われて、どういった場面で役に立っているのかをよく知ることができ、自分の将来夢見ている仕事がどの仕事の役割を担っているのかがよくわかりました。児童、高齢、障害など様々な課題がある中で、私たちが何か役に立てるのか、何を求められているのかをしっかり理解し、今後の生活に役立てたいと思います。
  3. 私は、この授業を受ける前は、「地域福祉」という言葉は聞いたことはあったけど、具体的にどんな意味なのか、どんなことを指すのかということは全然知らなかったし、知識がありませんでした。でも、この授業を受けて、地域福祉は私たちみんなが関係していて、自分の地域や国の4つの主体が大きくかかわっていることなどを学ぶことができました。たくさんのことが出てきて難しいなと感じることもありましたがオンラインでも先生の説明や、いつも添付されている動画を見てより学びを深めることができました。今回もまとめということで、最初の授業からの復習ができました。
  4. 前期の授業ありがとうございました。最初はオンライン授業でちゃんと理解することができるかなど不安に思うこともただありましたが、先生が毎回毎回分かりやすい授業プリントを作ってくれたりや授業動画以外にも参考動画を貼ってくれたりして、とても満足な授業を受けることができました。また、分野別の説明などでも、自分ではずっと貧困問題や子ども・家庭領域の方に興味を持っていましたが、非営利・ボランタリー組織などにも興味を持つことができました。また、それぞれの分野でどのように連携を行っているのかなどしっかりと学ぶことが15回の授業でできました。
  5. 前期ありがとうございました。私は子ども教育福祉学科なのでこのような授業は初めてでした。そのため、履修当初はとても不安でした。最初の授業で、この授業は社会福祉学科だけでなく子ども教育福祉学科の学生も学ぶ意味があると感じました。私は、貧困層の子どもを支援することに興味がありよく調べています。しかし、ボランティアの参加する方法がよくわかりませんでした。この授業を受けてますます子ども支援のボランティアに参加したいと思いました。
  6. 地域福祉論と聞いて、とても難しい感じがしたうえ、オンライン授業になってしまったため、かなり不安がありました。新井先生も、授業動画の作成や参考資料を探す作業お疲れさまでした。授業内容は少し難しいなと感じましたが、資料動画はとても興味深いものでした。私は子ども教育福祉学科なので後期の授業はありませんが頑張ってください。
  7. 授業方針もとてもよかったです。中間レポートや期末レポートを提出期限の約1カ月前から告知していただいたおかげでゆっくり進めることができました。ありがとうございました。"
  8. "地域福祉論の授業では、難しい言葉などがありましたが参考動画が毎回あり、内容を掴みやすくわかりやすかったです。また、今回受講したことで地域の福祉に関することを学ぶことができました。周りにどのようなニーズを抱えた人がいるのか気にしたり、地域の課題を改善するために自分ができることを実践していけたらいいなと思います。ありがとうございました。"
  9. オンライン授業は最初はどうなることかと思いましたが、先生の授業はとてもわかりやすく、毎回深い学びができました。本当にありがとうございました。後期は学校に行って先生の授業を直接受けることができると楽しみにしていましたが、それができなくなってしまったことすごく残念に思います。何百人といる生徒の課題を1人ずつみることは、私たち生徒が思う以上に大変だと思います。課題をみながら、素晴らしい講義をしてくださったこと、忘れません。これからの生活に絶対に生かします。本当にありがとうございました。
  10. 地域福祉の現状とそれに対するアプローチが学べた。
  11. 地域福祉論という授業をとってみて1期学んできて地域で取り組む福祉というのがいかに大切なものなのかが分かりました。先生の授業はスライドも見やすくて解説の動画もあるし、中間レポート、期末レポートと大きい課題が二つだけでとてもやりやすくていい授業でした!1期ありがとあございました!!
  12. 今期はすべてがオンライン授業で不安があった。学校が遠い自分にとってはオンライン授業は課題は多くとも家で受けられる分楽だった。こうして授業を受けられるのは先生の方々が環境を整えたからだ。一期の授業ありがとうございました。二期でもよろしくお願いします。
  13. 授業を受ける前までは地域課題についての知識はなく、どういった現状なのかということは把握していなかった。しかし授業を通したくさんの課題があることを知り、その課題に対してどのような方法で解決していくのかということが地域福祉論では大切だと思う。特に解決していく必要があると思った課題は、制度のはざまで困っていてサービスを受けることのできない人たちがたくさんいるということである。例えばボランタリーなクライエントであれば問題解決も比較的しやすく、ラポールの形成も短期間でできる。しかしインボランタリーなクライエントであれば、どんなサービスがあるかとかどのようなサービスを受けることができるのかということが分からない人たちもいる。そのためソーシャルワーカーは、豊富な知識を持つことと同時にクライエントに対して寄り添ってサービスを提供することが求められる。地域福祉論を学び、受けるまえよりも地域課題について真剣に考えるようになった。前期で学んだことは、これからも生かしていきたい。
  14. "授業が始まった当初は、4つの構成やミクロマクロと、よく意味がわからない状態でしたが、やがて講義が進むにつれて徐々に理解していきました。そしてそのきっかけとなったのは毎回の動画でした。社会資源と地域と利用者ご本人との関わりが、とても理解しやすい方法であったと思います。半年間ありがとうございました。"
  15. 今回は、今まで行った授業の総まとめでしたが、改めて振り返ってみると、地域福祉は広い視野で構造的に見ることが重要なポイントの一つだということが分かりました。最初は、地域福祉とは何か全く分からなかったのですが、この講義を受けて、新しい知識、考え方を得ることが出来たと思います。
  16. "地域福祉論の授業を受ける前は、地域福祉は自分には理解するのが難しい内容だったらどうしようという気持ちが大きかったが、先生が様々な動画を用いて説明してくれたため、とても楽しく学ぶことができ、到達度テストにも合格することが出来た。これからも地域福祉について学びたいと思った。"
  17. "地域福祉論の授業を受けて地域の課題に対していろんな視点で分析していき、課題解決に向けて様々な主体の取り組みを利用して解決していくことが大事であると分かりました。また、この授業のレポートで自分の地域について調べたことで自分の地域に子ども食堂があることやいくつかボランティアが行われていることなど地域のことについて知ることができたのです。最後に自分の近所や地域にも困っている人はいると思うので、少し地域に目を向けるようにして役に立つことができるようにしたいと思いました。15回の授業とても勉強になりました。ありがとうございました。"
  18. "最後のまとめとして学んだことを整理することができました。私が今まで何も気にせず当たり前のように生活してきたこの地域は、多くの生活課題の重なりがあって出来てきたものだとわかりました。これからも地元で暮らしていく予定なので、住民がどのようなニーズを持っているのか、町内でどのような取り組みを行っているのか積極的に情報収集していけたらいいなと思いました。また、私でも参加できるような福祉サービスがあれば、参加して地域貢献が出来たらなと思っています。前期授業ありがとうございました。後期も変わらずオンラインですが、よろしくお願いいたします。
  19. 半期の地域福祉論大変お世話になりました。地域福祉というのは、とても身近に感じるものが多く、とても勉強になることが沢山ありました。ソーシャルワーカーを目指している身としては、地域福祉についてはもっともっと知識をつける必要があります。二期もオンライン授業となってしまいましたが、二期の地域福祉論もよろしくお願いします。
  20. 参考動画とかのおかげで地域福祉のシステムをわかりやすく理解することができた。他の生徒の意見も知りたかったので授業の最初のコメント紹介はよかった。
  21. "I期の授業ありがとうございました。私は地域福祉に興味があったため授業が始まる前から楽しみでした。オンラインという慣れない形の授業でしたが、毎回学ぶ内容に関連している動画を載せてくださり理解が深まりとても有意義な時間となりました。II期も履修しているので宜しくお願いいたします。"
  22. 半年間ありがとうございました。地域福祉というとボランティアと福祉施設というイメージが強かったのですが、この授業を通してあらゆる地域福祉の形を知りました。動画もわかりやすかったです。ありがとうございました。
  23. こういったオンライン授業は慣れないところがお互い合ったと思うけど、結果的にあまり不自由なく前期授業をこなせて満足でした。後期もよろしくお願いします。
  24. 前期15回の地域福祉の講義を受けてきて、様々な発見や学びがあったことがとても楽しく、オンライン授業でもなかなか充実したものだったと思います。地域福祉のみならず「福祉」というのは共感が原点にあって、そこから様々な福祉的支援がスタートしてきたのかなと感じました。ただ単に、共感で終わらせるのではなく、どうやって具体的な行動や解決策に移せるのか、ということが重要だと思いました。地域福祉というのは社会的に困っている人たちを助ける、という具体的な行動から生まれた分野や学問なのかなと感じました。そういった考えを少しでも自分で持てたことが、この講義の大きな学びだと思います。
  25. この授業を通して私たちにとって一番身近な地域の福祉について学ぶことができ、個人的には地域の福祉政策への見方が変わったような気がします。以前は正直こういう政策をしているとか社会福祉協議会についてなどよくわからなかったし、地域福祉分野について知ろうとも思いませんでした。しかし先生のパワポや動画を見て地域福祉は子供から高齢者まで幅広い層の人とのかかわりがあり、市民にとってなくてはならない存在だと知り、有難いなとも思ったし自分も運営側に回ってみたいと自分の選択肢も増えました。二期もオンラインですが頑張ります。
  26. "地域福祉は身近な事例が出てきて、私の住んでいるところだったらどうかな、と考えながら授業を受けていました。最初は、こじろうさんの動画が私にとってすごくきつくて、社会の現実というか、これからどうにかしていかないといけない問題としっかり向き合えたと思いました。1年生の時は、福祉の概要をふわっと学んできたけれど、この授業で、辛いことから目を背けていけないと思いました。
  27. (私の勝手なのですが)月曜日は1から5限までぎっちりなのでオンデマンドで好きな時間に授業ができることが良かったです。また、動画のリンクも貼ってあり、より理解を深めることができました。2期も履修しようと思っているので、その際もぜひよろしくお願いいたします。"
  28. オンライン授業という初めて行う授業形態で、パソコンも特に使い慣れている訳ではなかったので、不安ではあったのですが、分かり易く教えていただけたので、感謝しています。途中途中で学んでる内容の参考になる動画を載せてくれていましたが、理解するのにかなり助かりました。この授業を受けたことで興味を持てたので、実習は地域福祉関連に希望を出そうと思います。半年間ありがとうございました。
  29. オンライン授業という初めての授業形式で不安でいっぱいだったが、なんとかやり遂げたと思う。ただ、授業によってやり方や提出方法が様々で、それらすべてに対応することが非常に大変だった。二期も頑張ります。
  30. レジュメ、解説動画、参考動画等とても充実していて、地域を活性化するための手段がとても理解ができました。レポートを作成する際も授業の習ったことを基盤に広げるのがとてもやりやすかったです。特に、マクロ、メゾ、ミクロの説明が分かりやすく、説明されているので他の授業のレポート、テスト勉強の参考にさせてもらいました。
  31. 地域福祉論の授業を通して正直今まで興味のなかった地域の様々な助けを必要としている人たちへの取り組みや活動を学び自分の住んでいるところはどういったものがあるんだろうとか街中を歩いているときに今までじゃ気付かなかったであろう工夫に目が留まるようになったのはこの授業を受講したからだと思います。そういった受ける前の自分とはまた別の考えが生まれたりしたのでいい経験になりました。前期の授業ありがとうございました!
  32. 今回、オンライン授業ということで慣れない部分も多くありましたが見やすいスライドと動画のおかげで自分なりではありますが地域福祉について理解できました。
  33. "半期わかりやすい講義ありがとうございました。私の力不足で完璧に理解はまだできていないので学んだことを復習したいと思います。後期もよろしくお願いします。"
  34. 地域福祉について15週間という短い間の中で、たくさんのことを学べた。まだ自分自身不完全に理解しているところもあるが、後期でも変わらず勉強を続けていきたいと思います。前期の間ありがとうございました。後期でもよろしくお願いします"
  35. 一回一回の授業の内容が分かりやすく動画で教えてくださったのでとても授業がやりやすかったです。有難うございました。
  36. 前期の授業ありがとうございました。先生の授業は、動画もスライドも参考資料も全てわかりやすく、オンラインで受けている感覚がなくて、とても良かったです。ありがとうございました。期末レポート、字数1600字超えてしまいました。お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。ありがとうございました。
  37. 今回、オンライン授業と言うことで慣れない環境の中で様々なストレスもありましたがとりあえず無事に授業15回が終えられたので良かったと思います。地域福祉論Ⅰの授業では地域福祉のことについて4つの主体についてを全体でやっていました。動画などで実際にどのような取り組みが行われているのか、どのような団体がやっているのかなどを見ることによってわかりやすいイメージを持つことができました。半期の間ありがとうございました。
  38. "この授業を通してとても地域について学ぶことができそして関心を持つことができました。地域の働きや、地域活性化など様々な視点からの学習ができとてもよかったです。ご指導ありがとうございました。"
  39. 前期地域福祉論の授業を受講して、2年生になって本格的に福祉のことを学ぶことができて知識がついたと自分でも実感している。地域福祉では地域での重要な役割や事業を担っておりとても大切であると思った。授業内では、ICFの視点から問題を見つけ出し考えていくことによって地域福祉での問題がたくさんあることがわかった。また、その問題の改善点も挙げることができ対策も分かった。
  40. 地域福祉論という内容は一年生ではやらずに少しだけ社会福祉の専門分野にすこし足を踏み入れたような気がしました。内容も聞いたことのないワードなどもあって難しいと思ったこともありました。中間レポートも的はずれなことを書いてさんざんな結果になりました。これからの試験に出そうなところはノートにまとめて使えるようにして意味のある形にしようと、自分なりに努力できたと思います。
  41. "前期お疲れ様でした。そしてありがとうございました。地域福祉というものはこの授業を受ける前は殆ど知らず、また地域福祉という区別があることも知りませんでした。授業の中でそれらを知っていき、レポートを通して私の地域の地域福祉というものに深く触れていきました。
  42. コロナが流行ってしまい顔を合わせることは出来ませんでしたが、代わりにコロナを通じて私は地域福祉を深く学べたと思います(レポートもコロナ中心で書いています)。そのため、ある意味ではコロナは教材だったのかなと感じます。本当に一学期の間ありがとうございました。"
  43. 毎回の授業は参考動画があるので、授業の内容をよく理解できると思います。授業のパワーポイント最後のまとめもいいです。2期も楽しみにしています。
  44. やっとこの日を迎えることができたと思うと心の底から喜びたいと思うのですが、なんといってもこの後に出る成績が心配で喜びたいけど喜べない感じです。話が変わりますが、2020年1期でたくさんの授業を履修してきましたが、やる気のない教員と真面目に生徒と向きあうやる気のある教員との差が激しく、この地域福祉論Ⅰの授業は、先生の努力を大いに感じられる素晴らしい授業であったと思いました。週の初めである月曜日であるが、月曜日がこんなに楽しみであるのは初めてかもしれません。もうそのくらいこの授業は良かったです。(どのように伝えればいいか分からずですが...きっと先生に伝わったはずかと?!。今まで15回ありがとうございました。2期でまた別の授業でお世話になります。その時はまたよろしくお願いいたします。
  45. 前期授業ありがとうございました。先生の授業を受けるのは初めてだったのですが、とても丁寧で分かりやすく理解を深めることが出来ました。この授業で一番面白いと感じたのは先生がいつも色んな背景を使って授業してくれたことです。そのおかげで毎授業新鮮で飽きずに学ぶことが出来ました。この授業をきっかけに地域の福祉についても考えることが出来たし、その原因まで考えられるようになったので受講してよかったなと思えました。
  46. わかりやすい動画もあり、オンライン授業で自分の時間もとりやすくなり良かったです。
  47. この授業を受けたことで地域の仕組みや構造がより一層深く理解できたと自分自身感じています。慣れないオンライン授業でわからないところもありましたがとても分かりやすかったです。この授業で覚えたことや知った内容を忘れずに今後に生かしていきたいと思います。半期ありがとうございました。
  48. "2年生の時に地域福祉論の前期だけ落としてしまって再履修として今回取ったのですが、2年生の時の先生とは違って授業内容がとても充実していたので楽しく取り組めました!また、地域福祉の観点として高齢者や障害者に対する取り組みなどを知ることができて学びを深めることができたのでよかったです!
  49. 期末レポートの論題として自分が住んでいる地域で行っている取り組みについて自分で調べることで身についたし、今後も調べて知ろうと思えるきっかけとなりました!!!
  50. 初めてで短い期間でのオンライン授業でしたが、楽しく学べたのでよかったです!ありがとうございました😊"
  51. まずは前期の授業本当にお疲れ様でした。先生の授業はとてもわかりやすく、出席の方法もわかりやすかったのでとてもよかったです。レポート課題は自分なりに地域福祉についてまとめられたと思います。後期も取るつもりでいるのでよろしくお願いします。
  52. 初めてのオンライン授業で、とても戸惑いながらの授業で対面式よりも大変でした。そんな中、プリントや動画を多くして下さり分かりやすかったです。有難うございます。二期もオンライン授業になっていしまいましたが、よろしくお願いいたします。
  53. 地域福祉の全体的なことが学べたことはとても良かったです。課題を解くときに地元のボランティアの団体やNPOの活動内容を見たときに感じたことは、地域の中で必要な存在になっていることが重要であると考えます。地域福祉の力が地域をよくするのはとても良いと思いました。
  54. まとめということで、重要なところがかいつまんで出ていることで、今後に見る上でもありがたいものだなと思いました
  55. 今期の地域福祉論の講義は授業動画がしっかりとしていてよかった。またレジュメも非常に見やすく課題に取り組みやすかったが、課題の内容が少し自分にとっては難しかった。
  56. 地域福祉の働きから政府、コミュニティ、営利企業、非営利組織の役割、個別問題解決の問題など地域福祉を知ることができました。地域福祉に関する問題に対して自分の意見や考えをもっていくことの大切さもわかりました。この授業を受けるまでは地域にあまり興味がありませんでしたが、課題などで地元のことについて調べるうちに興味を持てました。一期はこのようなオンライン授業でしたがとても分かりやすかったです。ありがとうございました。
  57. "前期の授業、ありがとうございました。はじめましての先生で、どんな授業するのかと思いながら聞きました。とても分かりやすくまとめられていたので、聞きやすかったです。こんなところで言うのも申し訳ないのですが、レポートを出せなくてすいません。期限を延ばしていただけるのであれば、夏休みが始まる前には出したいと思うので、お願いします。"
  58. 地域福祉論という授業は最初はどのようなものかもわかりませんでした。でもどんどん勉強していく中で、自分の住んでいるところはどのような活動をしているのかなとか、周りの地域と比べるとこで、より地域福祉を学ぶことが出来たのかなと思います。1期のオンライン授業、ありがとうございました。
  59. "今回初めてリモートで講義を受けて慣れないことも多かったけれど、一回一回の講義をしっかりと受けることができたのではないかなと思った。地域福祉を学んできて、あまり関わりのなさそうなものが意外と関わりがあったりしてとても興味深く感じた。普段あまり自分の地元はどんな活動をしているのかをあまり気にしていなかったので、中間レポートと期末レポートを通して地元が行っていることを深く学ぶことができたので、今後もしっかりと学んだことを理解していきたい。半期の短い間でしたがありがとうございました。"
  60. "授業動画以外に様々な参考動画が毎回あり、とても授業に取り組みやすかったです。授業動画はパワポに書かれていること以外の情報を交えながらの説明があると、より分かりやすくなるのではないかと思いました。私たち生徒も慣れない環境での授業となりましたが、先生方も大学授業とは違った大変さがあったと思います。15回分の丁寧な講義を実施していただきありがとうございました。"
  61. "最後の授業ありがとうございました。レポートも無事に書き終え先日提出しました。オンライン授業のやり方が分からず、パソコンもあまり触っていなかったので色々と不具合がありましたが、安心して授業が受けられました。14回目の授業でも同じようなことを書いたかもしれませんが、パワポの資料が見やすく、動画もあり先生と実際に対面して授業をしているように感じました。後期も引き続きオンライン授業で大変かと思いますが無理をせず授業お願いします。ありがとうございました。"
  62. 初めは地域福祉論について何も知りませんでしたが、先生の説明が実体験も交えながらだったりしてとても分かりやすかったです。ありがとうございました。ただ苦手な教科でついて行くのが精一杯でした。2期も地域福祉論を受けようと思っているのでついていけるよう頑張ります。2期もよろしくお願い致します。
  63. "前期は本当にお疲れ様でした。私は現在三年生で実は地域福祉論Ⅰの授業を受けるのは2回目なんです..笑 二年生の受講期に体調を崩して、それが理由で一期のみ落としてしまったという流れでして..。なので先生の授業を受けることが出来るのはおそらくこれが最後になるかと思います。正直二年生までの私は地域福祉論はあまり好きな科目じゃありませんでした..。『やれマクロだミクロだ、、』内容を覚え込むのが難しく毛嫌いしていた面もあるかと思います。しかし先生の授業で本当に地域福祉論に対する考えが変わりました。毎回資料を出して頂いたり、パワポも分かりやすかったり(最近はインターン等でパワポの制作をしているので先生が膨大な量をどれほどの苦労をされて毎週作ってらしたのか今なら分かります..笑)、現場の意見を教えて頂けたり..。本当に感謝でしかありません。対面での受講と遜色ない授業だったと思います。短い期間でしたが本当に有難う御座いました。今後も立正大学の先生として応援しています!!"
  64. 前期の間なれないオンライン授業でなれるまでに時間がかかりましたが理解することが出来たと思います。ありがとうございました。
  65. 到達目標の3つを達成できるような良い講義だったと思います。
  66. "これまでこの講義を受けて来て自分の分からないことだらけだったのですごくやりがいのある授業でした。ありがとうございました。"
  67. "いろんな地域福祉について知ることができ、なかなか知らなかったが新井先生の授業を受けて地域でどんなことが行われているのかについて知ることができました。どのような法人があるのかについても知ることができました。"
  68. "地域という大きなくくりで、障がい、高齢者、などさまざまな授業内容がありましたが、障がいを持つ方々への関わり方、障がいといってもひとくくりではなく、視覚聴覚や発達障がい、地域が取り組む障がいを持つ方々への仕事、生きがいを与えられる場所があることなどを学ぶことができました。また、高齢者の方々への関わり方、地域のコミュニケーションをとる大切さも学ぶことができました。この授業で学んだことは、様々な場面で生かされることなので、学んだことを大切にしたいと思います。"
  69. 最初はもっと取り組みにくい講義かなと思っていましたが、学んでいく中で自分の地域に置き換えて考えることで身近なものであると同時に地域福祉にはたくさんの課題があってその中でも意外と皆考えているようで考えていなかった課題がまだまだあるのだなと気づかされました。二期でも講義を履修しているのでもっと頑張りたいです。
  70. オンライン授業という新形態は大学で講義を普通に受けるよりも疲れる部分もありました。しかし一番疲れていたのは先生方だと思うので、一期本当にお疲れ様でした。このような時世で講義を受けられたことはひとえに先生方の尽力あってだと感じています。本当にありがとうございます。二期もオンラインでの講義になるので、一期に私は遅れて受講することがほとんどだったので生活リズムを改善して臨みたいと思います。コロナ終息の兆しが見えない中、やるせない気持ちになることもありますが、ここが踏ん張りどころだと思って勉強に励みたいと思います。2期もよろしくお願いいたします。
  71. "15回の講義を通して、地域福祉を理解でき多くのことを学ぶことができました。また、地域の課題等を共感的に捉える力が付いたと思います。2回のレポートを通して、自分の考えを整理したり、まとめることができたと思います。オンライン授業は初めての経験で不安なこともありましたが、自分なりに工夫しながら受講できたと思います。今後も自分で地域の課題等を考えていきたいです。半年間という間でしたが、ありがとうございました。"
  72. ミクロ、マクロ、メゾの3つの領域についてよく理解できました。マクロの領域にて、政策、計画、環境を創造するということ、ミクロの領域で個別で問題解決のアプローチやメゾの領域で地域の仕組みについて取り組むということが分かりました。
  73. この授業を受講して、毎回分かりやすくまとめられた資料を参考にたくさんの知識を得ることが出来ました。レポート課題では、より知識を深め課題としてでなく、個人的に興味を引くような内容など、自分に新たな知識を身につけることで、様々な角度からたくさんの学びを得ることが出来ました。
  74. 地域福祉論というのがどのようなものか全くわからなかったし、オンライン授業だったので、直接授業を受けられず理解出来るかとても不安でした。でも、地域福祉論の授業では、皆が授業の終わりに書く感想を見ることが出来たので、前回の授業でどんな事を学んだのか、感想を参考にしながらも確認することができたし、毎回レジュメと動画があったので、分からないところはレジュメを見て確認することが出来たので、とても有り難かったです。ありがとうございました。また、毎回授業の動画とそれに関連する事柄の動画があり、その授業に関連した動画がどんなのか毎回楽しみでもあったし、それをみる事で例えば、社会福祉協議会の役割とか、民生委員とはどういうものなのかなど、とても分かりやすくて理解度が深まりました。後期の授業もオンライで残念ですが、一期の反省を活かして頑張ります。一期の授業ありがとうございました。後期もよろしくお願いします。
  75. "全15回の講義ありがとうございました。私ははじめ、地域福祉とはどんなことなのかよく理解していませんでした。でも、この講義を受けた半年間で自分の生活のこんな身近に地域福祉が関わっていること、たくさんの人が地域福祉に携わっていることを学ぶことが出来ました。講義のほかに毎回添付してくださっていた資料の参考動画も面白くて毎回楽しみでした。コロナウイルスで対面での授業はできませんでしたが、私は対面で学びたかったです。興味深い話を画面越しではなく、直接聞いたらもっと楽しい、もっと興味が深まると思いました。対面で学べなかったことはとても残念ですが、私はこれからの生活でも地域福祉のことを考えたり、この講義で学んだことを生かしたいと思いました。半期という短い間でしたがありがとうございました。"
  76. オンライン授業という慣れない環境の中で自分なりのペースで授業を進めていくことが出来たのかなと思います。不安もあったけど徐々に慣れていくことが出来てよかったです。
  77. 様々な分野の課題を4つの主体やマクロ、メゾ、ミクロの実践からどのようなことが行われているのかが分かりました。授業の到達は勉強しなければ上手く説明ができなく、期末レポートでは文章にしていくのが難しかったです。後期では到達目標を達成できるようにしていきたいと思いました。参考動画は分かりやすかったです。前期ありがとうございました。
  78. 地域福祉という視点は、今まで似たような講義を受けたことがなく、触れるのはほとんど初めてといってもいい状況であったが、よく理解できたと思う。地域の仕組みという視点などは大変参考になったと考えている。
  79. 授業や中間期末レポートを通して、地域社会に関わる4つの主体の役割や特徴、違いを明確に知ることができました。この授業がきっかけで自分達の地域はどのように地域社会への課題に取り組んでいるのかに関心を持ち、地域社会の一員として地域社会のためにできることを発見し、積極的に参加していきたいと思いました。
  80. オンライン授業という形ではありましたが、半期の間ありがとうございました。地域福祉に対する知識がほとんどゼロに等しい状態での受講でしたので、地域とはどこまでの範囲を指すのか、どのような視点から考えていくかなど分からないことだらけでしたが、毎授業の理解しやすいスライドや参考動画のおかげで、自分の中で知識を深めることができたと感じています。福祉を学ぶ人間として、到達目標にもあった各主体の課題や今後の在り方の構想については、常に自分なりの考えを持っていきたいです。
  81. この前期を通して、授業の進め方めはパワーポイントと先生の話す動画、その日の授業にあった動画があってわかりやすく、自分がわからないことがあったらすぐに振り返られるようにパワーポイントが開かれているのですぐに理解することができました。
  82. 今までの授業を通して、様々なことを知ることができてよかったです。地域での暮らしを支える四つの主体の中で、特に印象に残ったことがあった。それは、非営利・ボランタリー組織だ。戦後からどんどん成長しているので今後に期待があることだ。また、もっと深く知っていきたいと考えた。
  83. この授業を通して様々な地域の地域課題をしり、その地域がどういった対策をしているのか、その対策に対しての地域の人の反応などをみることができました。
  84. 最初は初めてのオンライン授業という事で慣れないことがたくさんあり、正直不安でいっぱいでした。しかし、授業内容は平時の時と変わらず福祉の基盤となるもので大切なことを着実に学ぶことが出来ました。後期もオンライン授業の形を継続という事で、登校する機会は極小数だと思いますが、自分のなりたいを実現させるためにも頑張りたいと思います。地域福祉論の授業では様々な視点から究明していく形で、原因がひとつではなく、また、解決の仕方も一つではない、という事を学ばせて頂きました。まだまだ福祉を学ぶものとして未熟ではありますが、自分の糧に出来るよう、社会に貢献できるよう、引き続き社会学を中心に勉学に励みたいと思います。半期、ありがとうございました。後期もよろしくお願い致します。
  85. 一期だけの内容でも沢山の地域の主体や地域課題などについて学べました。毎回授業内容に沿った動画を見れたので尚更わかることができました。先生は毎回動画を見つけて、動画を張っているのですごいなと思いながら見ていました。なぜだか動画が沢山あり見るの大変だなと思いながらいつもクリックしてみていたのですが、いつの間にかすべて見終わっていたのが今でも自分すごいなと思えました。私はめんどくさがり屋なので正直ほかの科目の授業は早送りや動画を飛ばしながら見てしまうのですが先生の授業と動画は毎回普通に見ていました。それだけ関心や授業のやり方に満足していたのかもしれません。面白い授業をありがとうございました。
  86. 毎回参考動画があり、楽しく分かりやすく学ぶことができました。ありがとうございました。
  87. 地域福祉論の授業を受けて、地方自治体、非営利組織・ボランタリーセクター、市場・民間企業、コミュニティ、いろいろな角度から地域の現状や課題、それに対する取り組みを学ぶことが出来ました。慣れないオンライン授業でWIFIの状態が悪くネットにつながらないなどの今だからこその悩みもありましたが、なんとかやってこれて良かったです。
  88. 全15回の授業を通して、地域をテーマに構造や関わりを見てきました。以前までは、制度で定めたものは正しいものであり、それをもとに我々国民、市民が生活するという認識で過ごしていました。本授業で、地域ごとの特色を多角的に見ていくことで、地域社会に生きる一個人としての考え方が育まれました。本授業のほか、この考え方は精通するものがあり、生かしていきたいと考えています。
  89. 一期ありがとうございました。慣れないオンライン授業でしたが、自分なりにはやり切れたかなと思っています。地域福祉論を学ぶ中で、私の知らない制度の名前や仕事の名前が多くでてきました。また、授業の中で疑問に感じたことや、批判的に見たときに、不思議に思うことがありました。これを夏休み中に調べて、自分のものにしたいなと思っています。内容はとてもわかりやすく、繰り返し説明をしてくださるので、理解が深まりました。ありがとうございました。
  90. 放課後ディナーサービスのボランティア活動の重要なことを学ぶことができて、良かったと思いました。一番大事なことは、地域の力を借りることである。例えば、放課後ディナーサービスの施設が古い建物だったら、遊べない場所があるので、狭いところで遊ぶことがストレスを溜まりやすいと思います。そうならないように改築する必要があります。そのためには、多額な費用が必要なので、地域からの寄付金を受け取るしかないと私は考えます。
  91. 今回の講義では、最後ですが、いろんなことを勉強できて、よかったです。今までの一番印象が深ったのは、ボランティア活動についてです。私が通っているボランティア施設は営業が苦しい状態なので、手伝いしたいという気持ちがありました。そのためには、ボランティアに対する知識がないので、初めからの一で勉強しました。そのおかげで知識を蓄えるようになりました。二期になっても、ボランティアに対する知識を学びたいと思います。
  92. 1期の授業お疲れ様でした。1年生の時は専門的な学びが少なく物足りなさを感じていましたが、2年生の授業ではもっと知りたいと思える授業が多くてとても充実していました。地域福祉論もそのうちの一つで、完璧な理解ができている訳では無いですがとても充実した学びになりました。地域における暮らしは、重なっていて、グラデーションのようになっていて、自分を含めた誰もがなりうる共感的理解の必要性を感じました。同じ生活課題を持つ人の多さも実感しましたが、問題が重なっているからこそ1つの課題の解決が複数の課題の解決にも繋がるのだと思いました。しかし、解決すればするほどどんどん絶えることなく問題は出てくるのでまだまだ今よりよりよい地域福祉になる余地がありいい意味では可能性を感じました。そして、4つの主体は、4つあるからこそ上手くバランスが取れており、供給社会の多元化には多くの意味があると思いました。コミュニティへの価値観の押しつけは地域福祉への後退につながりかねないので、コミュニティは不安定であることを忘れず活かしていくまたは+αであると考えていくべきだと感じました。政府や自治体がサボることによったら、制度や仕組みが無く他の主体もどうにもならなくなる側面は大きいと思いました。法的サービスの活用だけではなく、開発により地域で困る人が今よりも無くなっていければよいと思います。そして、どんなに偉い人の意見でもちゃんと自分で考えで自分の意見を持てるようにしたいと思いました。その為には、色々な視点からもっと学んでいがなければならないと思いました。私自身は、オンライン授業だからこそたるんでしまった側面もありましたが、なんとか乗り越えることができました。一年生の頃、行っていた対面授業は行くまでは面倒でしたがとてもありがたいものだと感じました。しかし、地域福祉論のオンライン授業ではスライドもあり先生の動画もあり単元に基づいた動画もありとてもわかりやすくて助かりました。後期はより一層努力していきたいと思いました。後期もよろしくお願いします。
  93. 全ての授業を受け終えて沢山の地域の活動や社会福祉の活動が行われていることに気づくことができ自分の地域では何をやっているのかなど興味を持ったことが沢山あり良い経験となりました。
  94. 見やすいパワーポイントや、聞き取りやすい音声の動画により、地域福祉について理解を深めることができました。初めて知ることばかりだったり、理解するのが難しい言葉や考え方もありました。ですが、噛み砕いてわかりやすく解説していただいたおかげで理解することができたと思います。ここで、理解したことを無駄にせず、自分の地域で起こっていることを知り、なにか力になれることがないか考えてみます。
  95. 1期ありがとうございました。オンラインが不慣れな中、無事15回の授業を終えることができました。毎回授業動画、生徒それぞれ感想を載せていただき、とても大変だったと思います。先生が毎回1つの授業につき、参考動画などを載せていただいたおかげで授業内だけでなく、より一層深く学ぶことができました。正直、最初の授業がとても理解できず、難しすぎて15回まで続かない思っていましたが、だんだん慣れてきて、楽しく授業を受けることができました。また、毎回感想を載せて頂いているリンクも私は毎回授業終わりに見ています。他の生徒さんたちがどんな意見や考えを持っているのかを知ることができて楽しかったです。私が考えられなかったことや難しい言葉を使っている生徒さんもいて私も頑張らないとなっと思わされました。2期も社会福祉計画論と地域福祉論Ⅱでお世話になります。2期もオンラインで大変だと思いますが、お互い頑張りましょう。
  96. 第15回の授業で第1~14回の内容をまとめた動画、スライドをみて、改めてだいぶ濃い内容だったなと感じました。15回分の授業を全て把握しているかといわれたら難しいと思います。他の方も感想で書いていましたがオンライン授業は不安でしかありませんでした。授業は先生の解説動画、スライド、そして内容にちなんだ動画紹介がとても良い参考材料になりました。後期も可能でしたらお願いしたいです。大学1年時よりはこの授業も含め専門的な授業が増えるタイミングでオンライン授業というのは知識量的にこの先不安です。後期も同じように動画形式だと思いますが、後期も履修してるのでよろしくお願いいたします。
  97. 今回は復習であった。この講義を通して、地域福祉に関することがよく分かった。最初は非営利組織やNPO法人がどのような活動をしているのか全く分からず、地域の活動にも関心がなかったが、この講義を受けてもっと知りたいと感じた。自分たちが普段何気なく生活をしていても、知らないところで誰かが地域のために働いていることが分かりとても感謝をしなければいけないと感じた。常日頃から地域のために動くことができるような人間になれたらいいなと思う。15回の講義有難うございました。
  98. はじめてのオンライン授業で慣れないことばかりでしたが、なんとか前期終わってよかったです。地域福祉は自分たちの生活に直結するので、このように詳しく学ぶことができてよかったです。
  99. 地域福祉を学んでいく中で自分の住んでいる地域のことを考えて様々な視点に見るようになることができとても有意義な講義になりました。これから地域福祉に関わるようなことがあったときに学んだことを活かせるようにしていきたいと思います。前期ありがとうございました。
  100. 慣れない環境の中適応することに苦労しましたが見やすい資料や分かりやすい説明などもあり半期を無事終えることができたので少しホッとしています。また課題の指示なども分かりやすいものだったのでとても良い授業だったと感じました。
  101. "この講義を受けるまでは地域福祉がなにかそのものを理解することが出来ていませんでしたが、自治会が行っている活動、実際に自分の住んでいる地域の活動などを調べることで地域福祉の大事さを教えてもらうことが出来ました。これから様々な場所で人生を過ごしていくと思うので、その都度その地域における福祉について目を向けてみようかなと思います。"
  102. "半期の講義ありがとうございました。今思い返せば初めてのオンライン授業、最初はパソコンすら持っていませんでした。どうやって授業を受けたらよいのか、課題は本当に的を得ているのか、そもそも提出が出来ているのか。このようなことを考えて不安でしょうがなかったです。正直な話をすれば、今現在もそれは変わっていないのですが、当初よりはその不安も和らぎ、あっという間だった半期を走りきることが出来ました。あまり他の講義と比較するのも失礼なことだと思うのですが、新井先生の形式が一番自分には合っていて理解やイメージがしやすく感じました。これで半期は終了になりますが、これからもよろしくお願い致します。"
  103. 地域福祉論15回分の講義を通して、私は各地域による特色や背景から様々な課題や対策があるのだと初めて学んだ。地域による支え合いや活動など多くの働きかけが存在していると分かった。私が居住している地域や出身地域がどのような課題を抱えていて、どのように課題を解決していくのか気になった。学期末課題で出身地域について調べることができた。事前に地域での暮らしを支える4つの主体や地域課題、方法を学んでいたのでもっと改善できるのではと思うことや納得のおける政策を感じることができた。この講義では、先生の丁寧でわかりやすい説明や解説だけでなく、参考資料動画があることで言葉だけでなく映像としてイメージや雰囲気をより感じることができた。そのため、授業が堅苦しくなく受けやすいと思える授業でした。これから、地域福祉を通した学びを活かし、自分ができることや地域の課題を考え、積極的かつ適切に暮らしやすい地域を実現していける地域の一員になりたいと思った。
  104. お忙しい中、動画を作成しあげてくださり、ありがとうございました。前期の授業、大変お世話になりました。オンライン授業という慣れない環境の中で戸惑いもありましたが、自分と向き合う時間が増えたおかげか、こうしたらいいのではないかなど自分の中で解決策を考えてみたり、より知識を深めることができたのはよい面だったのではないかと自分で思っています。悪かったところは、動画が配信であることをいいことに、生活サイクルが崩れて、期限ぎりぎりまで授業動画を視聴しないことがあり、反省したいと思いました。また、先生が関連動画をたくさん載せてくださったおかげで、コミュニティケースワークや子供の貧困、生活保護など具体的な取り組みを学ぶことができました。後期もよろしくお願い致します。
  105. "地域福祉論を学んで、授業内ではまだ他人ごと感のあった地域問題が、レポート課題などを勧めるうちに実際に住む地域の取り組みなどを知り、より一層地元に親しみを持てるようになりました。私が居心地よく生活が遅れているのは地域に支えられてこそのことですし、地域も住民に支えられて存在している者です。我々住民は地域問題を我が事だと受け止め、これからもより良い住まいとして共同で問題に取り組んでいく姿勢が大切だと考えさせられました。半年間ありがとうございました!"
  106. 授業を受ける形が色々あってとても分かりやすく取り組めたと思いました。前期ありがとうございました。またお世話になる時はよろしくお願い致します。
  107. 初めてのオンライン授業ということもあり、初めは不安でしたが回数を重ねていくうちに慣れていきました。レポート提出型の授業は自分の都合のいい時間に授業を受けることができてとても快適でした。中間と期末のレポートでは、普段知ることのなかった自分の住んでいる地域のことを知る良い機会となりました。
  108. 人それぞれ個人の生活課題や地域の地域課題などかかえていて、専門の人だけが良くなるように頑張るのではなく、地域全体みんなで助け合うのが重要だと学びました。
  109. この授業を受講してみて、最初はオンラインの中でさまざまな戸惑いもあったけど無事に半期を終えることができて良かったです。 レポート課題では、少し欠けているところが自分で書いて提出した後に気付いた点が反省しなくてはならないと感じました。本来ならば対面授業で受けて見たかったのですがそれがかなわなかったことはとても残念です。 但し、先生の授業のおかげでとても知識を深めることができました。
  110. "スライドを見ながら授業を聞いて、添付の動画をつけてくれていたり細かく教えてくれたのでわかりやすかった。私たちが知らないところでの地域や自治体、ボランタリー組織などのいろいろな団体での活動内容や裏の努力、今まで知らなかったことが多くとても勉強になった。福祉について知っていると自分のためになることや、何かあったときの安心剤になるなと感じ、世の中には全く福祉について知らないまま悩んでいる人がいると感じ、もっとみんなに知ってもらいたいと思った。ならないオンラインで授業、毎週お疲れさまでした。後期もオンラインになりそうですが、無理をせず、またよろしくお願いします。ありがとうございました。"
  111. "今回前期の講義を終えて、身近にある地域福祉について自ら進んで考えるようになったと思う。地域福祉は人々の日常にあり子どもから大人、高齢者まで切っても切れない関係にある。そのような地域福祉について学べたことは自分の生活を見直すきっかけにもなりレポート課題の一環ではあるが地域福祉計画を見るきっかけにもなった。自分の住んでいる地域がどのような取組を行っているか、人口の割合はどの世代が比較的多いのか、今まで以上に地域について敏感になったと思う。また、地域福祉は市町村によって取り組みが異なる。地域差があるということを再確認した。国は地域福祉を委託しており努力義務であるからこそ取り組む自治体とそうでない自治体に分かれてしまう。こういった点についても住民がただ不満を述べるのではなく、歩み寄る。住民自ら知ろうとする姿勢も必要だと感じた。
  112.  最後に慣れないオンライン講義を終えて、忙しい中で濃密な講義をありがとうございました。動画一つ一つの選択にしてもレジュメ内容においても、冒頭の背景紹介まで先生の熱意が伝わってきました。後期も受講する予定でありますが、次回は掘り下げた内容であることが楽しみです。"
  113. ミクロ、メゾ、マクロから始まった今期の授業は、最初理解ができずにいたが、回を重ねることによって、3つについても理解することができた。主体と役割についても課題を行うことで見返す機会になったため、理解することができた。
  114. "初めてのオンライン授業で、少し寂しかったけれど、一回聞いて分からなかった部分は、動画を見返すことができ、自分のペースで授業を受ける事が出来たことはとてもよかったです。スライドの中に、絵や図がたくさんあり、とても見やすく、言葉だけでは難しい所も、スムーズに理解することが出来ました。また、毎回たくさんの外部動画があったことによって、具体的な事例や、様々な取り組みなどを知ることができ、自分が知らなかった事例や、驚くような取り組みもたくさんあり、とても面白かったです。また、まだ理解が足りていない所は、夏休みの間にしっかり復習をしておきたいと思いました。半期の間ありがとうございました。"
  115. 第15回は全体のまとめでした。今まで習ったことを復習できたのでよかったです。
  116. "まとめの授業を受け改めて、人々はそれぞれ高齢や子供、障害など様々な課題を抱え、また抱える可能性がある中で生活していることがわかった。これをふまえて地域に住む人たちの抱える問題なども他人事ではなく自分も抱える可能性があると考えることが大切であることを学んだ。とくに最近では、コロナの流行もあり、課題を抱えている人が多くいると感じるため、他人事ではないと考え、周りにいる人々が孤立しないようにするためにも、共感的理解が大切だと思った。授業では、多くの事を学んだが自分が、中々日常生活で感じる事のない人々の苦労を知ることができた。これからは、普段の生活の中で様々な気づきができ、些細な事でも人々の手助けができるとよいと感じた。"
  117. 私は、授業全体を通して具体的でありながら幅広い地域福祉を学ぶことができたことに対して、とてもよかったと感じている。一つの分野に縛られない地域住民の課題の中身を分析したり、主体の取り組みを調べる作業は、オンライン授業でありながら実践的で、私にとってとても良い経験となった。
  118. 慣れないオンライン授業という初めての試みの中、この地域福祉論を受講したが、新井先生がスライド、音声、参考映像など様々な資料を組み合わせてわかりやすく教えてくださったので、初めての用語や視点などでも理解が深まったと感じた。中間レポート・期末レポートは大変であったが、自分の出身の地域がどのような取り組みをしているかを調べることはとても有意義な時間になった。
  119. 前期の地域福祉論を通して地域の生活課題を支援していくことを学ぶことができた。地域で4つの主体が役割をもって活動していくことで課題を解決することができると思った。中間・期末レポートを通して私の地元での地域福祉の活動を知ることができた。様々なコミュニティや非営利・ボランタリー組織が地元にはあり地域の中で役割を果たしていた。生活課題は誰にでも起こりうるものであり、課題を持った人が地域で暮らしやすいように支援することが求められていると学んだ。
  120. "授業全体を通して、オンラインということもあり、やりにくく感じた点も多々あったが、分からないところを見返したりすることも出来たため、少しも理解を深めることができたと感じた。また、地域福祉の理念やミクロ、メゾ、マクロの領域の理解を改めてすることが出来た。しかし、地域福祉課題を4つの主体との関係で構造的に説明できるなどといった到達目標にはまだまだ自分は届いていないのではないかと感じたため、今後の授業を通して理解を深めて行けるよう頑張りたいと思う。"
  121. 15回の講義ありがとうございました。「地域福祉」という聞いたことはあるけどあまり詳しくは知らないことを学ぶことができた講義でした。自分の住んでいる地域に興味・関心をもついいきっかけになりました。文字でのやりとりが主だったので難しいこともあったとは思いますが、毎回の丁寧な資料が分かりやすかったです。
  122. 私はこの授業で地域の子どもたちのことについてのみ一生懸命勉強と最初は考えていました。しかし回数を重ねえ行くうちに地域福祉の様々な観点があることが分かり、高齢者の方や障害を持つ方などの福祉のあり方について参考にすることができると思いました。この授業で人々のためにできることは自分から行動することが大切だと感じました。半期お疲れ様でした。
  123. "まず初めに、メール等で様々なサポートして下さりありがとうございました。慣れないオンライン授業の中、本当に助けになりました。今回地域福祉論を学び、自分の住む地域の福祉について考えるきっかけになりました。自分の感じていたよりも多く福祉施設があり、障害を持っている叔母がこの町で安心して住める理由がよく分かりました。また、今の自分に出来ることも多くあることを知りました。自分の町のボランティアなどは始める時の最初の一歩が出しやすいと思います。今できることを少しずつすることが大切なのだと感じました。"
  124. コロナによるオンライン授業でとても不安なことだらけでしたが何とか前期を終えることができたので良かったです。また地域福祉についていろいろな視点から改善していくことが可能だと知ったり、普段何気なく参加していたボランティア一つを見ても多くの人が陰で案などを練って実施されていることも知れた。今後の実習や就職後に活かしていきたい。半期の間ありがとうございました。
  125. 地域によって様々な生活課題が残っていることをこの授業で知りました。制度によるサービスだけで障害者や高齢者の生活をサポートするのは難しく、地域とのつながりが大切で、人と人とのつながりがなければ孤独になってしまい良い支援できないと思いました。
  126. 半期の授業お疲れ様でした。ありがとうございました。私は地域福祉論の授業を受けるまで、地域福祉とは何か詳しく知りませんでした。まだ、地域福祉について知らないことはたくさんあると思いますが、行政や企業、地域住民など、様々な立場の人が協力し、支え合うことで成り立っていることがわかりました。後期の授業で、さらに学びを深めたいと思います。
  127. 地域福祉論を受講して、地域課題を構造的に考えるととの重要性を学びましたが、地域問題だけでなく、その他あらゆる問題でも構造的に考えることは有効なのではないかと思いました。構造的に把握するために、ひとつの問題に関して、ライフサイクルの視点、ICFの視点、それぞれから多角的に考えることでどんどんプラスの影響が出てくるのだと思いました。
  128. 前期の授業お疲れ様でした。生徒も先生も慣れていない環境の中で最初から最後まで丁寧な授業を行っていただいたと事には感謝しかありません。中間レポート、期末レポート共に難しい課題であったが、これまでの授業の復習、自分の地域への理解の促進等しっかりと考えられて作られている課題だと感じました。これからもより深く地域福祉への理解を深めるために復習を怠らないように努力していきたいです。
  129. 15回の授業を通して、たくさんの新しい知識を得ることができました。地域を作るうえで参加することが大事だと分かりました。この学びを踏まえて、今後は「無理のない範囲で、自分の出来ること」をたくさんしていきたいと思います。授業がどのようになるか最初は不安だったけど、先生のおかげで地域福祉についてたくさんの知識を得ることができました。半期、本当にありがとうございました!!!
  130. 15回の授業を終えて地域福祉について、日本の多くの福祉活動について学ぶことができた。福祉の現場で頑張っている人を知ることでこれからの自分の将来像になった。
  131. 15回分の講義動画を作成していただき、ありがとうございました。講義動画だけではなく、参考動画なども交えて学べた為、理解しやすかったです。生活課題に対し、共感的・構造的に考えることが重要だと改めて感じました。レポートを通して、自分の地域で行っている地域福祉の活動について、知ることができました。興味関心を持った活動に、参加してみようと思います。
  132. スライドに細かく記載があったので、理解しやすかったです。参考資料として出される映像も理解の一助となりました。
  133. 地域福祉についてなんとなくのイメージでしかなかったものが、人と人とのかかわりを重視するものということがわかりました。
  134. 近年は地域での関わりが薄れているので、地域福祉の在り方についてどうすればよいのか考えるきっかけになりました。
  135. 地域福祉論の授業を受けて、自分の地域について調べたり考えてみたりする機会が増えて、自分が暮らしている地域をよく知ることが出来ました。この授業で学んだことをこれからも活かしていきたいと思いました。
  136. コロナの影響でオンライン授業という今まで経験したことのないことだったけどこの授業はとてもやりやすかったし、内容についても興味を持つことができた。特に期末レポートにも書いたがNPO法人などは自分の身近にもあるし実際に自分もバイトをしているので興味が持ちやすくとても積極的に調べることができた。半期ありがとうございました。
  137. 地域福祉は問題を広く狭く見るのが大事だなと感じました。地域福祉論を15回受講しましたが、正直全てを理解したとは思ってないです。100%理解したところといえば市場・営利企業の役割、個人問題解決のアプローチくらいです。しかし、無知から少しは進歩したのでこの授業を受けてよかったと思います。
  138. 地域福祉、他人ごとではないです。いつか自分が支援、もしくは支援を必要とする側になるかもしれません。知識は財産とも言います、これから生きていくのに福祉の知識はいつか必要になります。企業の役割・問題解決のアプローチだけでなく、他にも理解して学んだことを活かせる生き方が出来ればと思いました。
  139. 去年の地域福祉論より幅広く尚且つ濃く学ぶことができました。後期は履修していないのですが前期だけでも学べてよかったと思います。物事を様々な視点から考えることの大切さを知ることができました。半期だけですがありがとうございました。
  140. 半期の授業ありがとうございました。中間レポートの提出がうまくできていなかった件はすみませんでした。授業内容、評価方法に関しては自分は特に改善してほしいところはありません。ありがとうございました。
  141. 地域社会で発生している社会福祉課題について4つの主体との関係で構造的に説明できることを学んんだが、課題を解決するために、そういった4つの主体が関連していることは知らなかったため。短にあるものの役割をより一層知ることができた。また、地域福祉の実態などを知り、今後の改善点や問題を考察することが出来たように思える。
  142. 今期地域福祉論を学んで身近に感じたというのが率直な感想です。私は地域など、住んでいるという認識なだけでありました。この授業を通して、支援の手段、発展、仕組みについて学び、自分の地域を見直して見ようと感じました。子どもから高齢者まで幅広い支援は地域住民が主に活動することによって生まれたものであるのだと再確認することもできました。とても、ためになりました。
  143. 地域と福祉はどのように関わってくるのか、地域福祉の生活課題を解決していくにはどのようにしていったら良いのかなどこの授業を受けていて考えたりした。また、この授業の参考資料で何回か出てきた社会福祉協議会がどんな活動をしているかを見て興味を持ったのでもっとよく調べて、また今の状況が収まったらそこでのボランティアにも参加してみたいと思った。半年間ありがとうございました。
  144. 15回分の授業お疲れ様でした.とても楽しかったです!
  145. 今まで地域福祉について考えることはなかったのですが、この講義を通して、近所づきあいが希薄化しているなと思ったり、地域活動や近所づきあいに無関心な住民が増えていて、自分もその1人だなと考えさせられたり、自分の知らないところで「孤立」が進行している現状を理解することができました。個人の意見としては、もっと住民が身近なところでなんでも気軽に相談できるように、地域福祉の活動について理解や認知度が高まればいいなと思いました。一期の講義ありがとうございました!
  146. 地域福祉論を学んで人は1人では生きていけない、誰かがそばで支えてくれるからこそ生きていけるのであると感じました。世の中には困っていて辛くて今にでもいなくなってしまいたいと思っている人がいるかもしれません。いると思います。そんな人たちを1人でも多く地域や社会が救ってあげれるような世の中になって欲しいと願います。15回講義をありがとうございました。
  147. この授業を通して地域福祉は4つのセクターがありそれぞれの役割を担って福祉が成り立っているという仕組みが少し理解できました。各地域の活動や課題、取り組みなどが細かくわかりました。2つのレポート課題では自分の地域についてより知ることができ、たくさんの活動があることを見つけました。小さい地域なのであまり対策や支援はないのだろうと思っていたので、思っていたより制度があり驚きました。スライドや動画も見やすかったです。関連動画はより授業への理解がしやすくて役立ちました。
  148. 前期を通して、4つの主体の関係について共感的、構造的に考えることができたと思いました。地域福祉の視点は、ただ仕組みとして理解するだけではなく、理解した先に課題に直面し具体的な方法を考える視点が必要なのだとわかりました。グラデーションの中で生きているということは、その中には一つ一つ異なった課題があるということを考えていくべきだと感じます。